お役立ち

【金利が100倍】楽天銀行で高年利0.1%にする方法【賢くお金を増やす】

楽天銀行の金利がお得

こんにちは!
ナナポケのTAKAです。

僕が初めてネット銀行を使い始めたのが楽天銀行です。
それまで普通の銀行に預金していたのですが、ある時ネット銀行の話を聞いて楽天銀行を使い始めました。

もう10年ぐらいネット銀行を使っていますが、なかなかいいですよ。

その中でも楽天銀行はメリットがたくさんあるので、おすすめのネット銀行です。
ボク自身もかなり満足して日々使わせてもらっています。

普通の銀行なんて金利が悪すぎて…利息なんて無いようなもの。
しかし、楽天銀行のサービスを使えばこの金利がなんと100倍に!!

この記事では、10年以上使い続けた僕が楽天銀行の金利を0.1%にする方法をご紹介します。
誰でもできる簡単な方法なので、ぜひ楽天銀行で高金利の0.1%を使っていきましょう。

\ 高金利でお金を増やしていきましょう! /
無料口座開設

金利が100倍!?普通預金なら楽天銀行がおすすめ

多くの人がゆうちょ銀行やメガバンクの普通預金を使っていると思います。
ただ、これらの普通預金の金利はほとんどが年利0.001%です…
これはほぼ無金利みたいなものです。

一方、楽天銀行なら口座を作るだけで普通預金なら金利0.02%で、さらに楽天証券とマネーブリッジ(口座連携)を設定すると金利がなんと0.1%になります!!

金利0.1%ということは、例えば100万円を1年間預けていたら税引き前で1000円も利息が付きます。ゆうちょなど普通の銀行なら10円なのに…

楽天銀行と一般の銀行の金利の差

この差は大きいです!!

この金利0.1%になるの、意外と知らない人多いです。
楽天市場はネットショップで結構使うけど、まだ楽天銀行は使ったことなかったり。ましてや楽天証券なんて存在すら知らない人も。

「証券っていうだけでなんかよく分からないし、不安…」

ただ、絶対知らないと損!!ということで、簡単に楽天銀行と楽天証券の口座を開設して、マネーブリッジを設定するだけで金利が0.1%になるので、その方法をわかりやすく紹介します。

楽天銀行の普通預金の金利を0.1%にする方法

ここでは楽天銀行の普通預金の金利を0.1%にする方法を解説していきます。

簡単にできますので、みなさんも楽天銀行を使ってなくて、ほかの銀行などで0.001%みたいな金利で預けているなら、ぜひこの方法を使って効率よくお金を増やしていきましょう。

ステップ1 楽天証券と楽天銀行の口座を開設する

まずは楽天証券と楽天銀行の口座を開設しましょう。

楽天銀行の口座開設手続き後に、楽天証券の口座開設手続きができます。
この時に一緒に手続きしてしまえば、申込のめんどうな色々が1回減らせるので気分的にも楽ですね。

楽天銀行から楽天証券に申し込む

楽天銀行から楽天証券の口座開設申込へ進むと、画面が切り替わります。

あとは、楽天証券の口座開設画面に行って、申込情報を入力するのですが、住所や氏名などは省けるので少し楽ですかね。

本人確認種類をインターネットでアップロードできれば、2日~2週間程度で楽天銀行とレク点証券の口座を開設できます。本人確認書類を郵送する場合は、必要種類などを返送してから1週間~10日ぐらいで口座を開設できます。

まだ口座を持っていない方はこちらからどうぞ。

公式サイト⇒楽天銀行

楽天銀行と楽天証券の口座開設が完了したら、楽天銀行の普通預金の金利を年利0.1%にするための設定をしていきましょう。

ステップ2 マネーブリッジを設定して、金利0.1%にする

まずマネーブリッジ(口座連携)とは?

ネット証券で株や投資信託を買う場合、通常ならほかの銀行から証券口座にお金を振り込む(入金指示)が必要なんです。

しかし楽天証券と楽天銀行でマネーブリッジを設定すると、わざわざ入金指示することなく取引ができたりします。なので、楽天証券を使う人などにはとても便利な機能なのです。

ここで僕が思ったことは、「楽天証券の口座をただ開設するだけで大丈夫なのか?」ということです。

「なんか株とか投資信託とか商品を買わないといけないんじゃないの?」と思っていましたが、特に口座を持っているだけでもOKなので安心してください。

それではマネーブリッジを設定する方法を解説していきます。

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジを設定

楽天銀行にログインします。

"普通預金の金利が年0.1%"というところがあるので、そこをクリック。すると、マネーブリッジの申込ページが出てきます。

"マネーブリッジを申し込む"をクリックします。次にマネーブリッジ利用申込の確認画面が出てきます。

手順に従って、規約や暗証番号などを入力して申込のボタンをクリックします。
これで楽天銀行のほうは申込完了です。

続いて、楽天証券のほうのマネーブリッジを設定していきます。
楽天銀行でマネーブリッジの申込ボタンをクリックすると、自動で楽天証券のマネーブリッジ申込画面に移動します。

まず楽天証券のログインIDとパスワードを入力して、ログインします。

注意書きが出てくるのでチェックボックスにチェックを入れて、申込ボタンをクリックします。
これでマネーブリッジの受付は完了です。

楽天証券から楽天銀行に自動的に移動して、楽天銀行のほうでも受付が完了の画面が出てきます。
以上で、楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジの設定は完了です。

楽天銀行の金利が0.1%にならない??いつから0.1%になるの?

「あれマネーブリッジの設定も終わったのに、どうして金利が変わらないの?」

「いつから金利0.1%に変わるの?」

僕も楽天銀行と楽天証券の口座を開設して、マネーブリッジを設定したのに金利が0.1%に変わらない…ということがありました。

調べてみると、

前月末終了時点でマネーブリッジの申込手続きが完了しているお客さまに対して、当月一ヶ月間適用されます。

マネーブリッジのご登録についてはメッセージボックスに設定完了の旨をご案内しています。
毎営業日17:00まで※にお申込み手続きが完了した場合、原則当日中(19:00以降)にお手続き完了のご案内をいたします。
毎営業日17:00以降、翌営業日17:00まで※のお申込み分につきましては、翌営業日(19:00以降)※にお手続き完了のご案内を致します。

※ 土・日・祝日・12月31日~1月3日を除きます。

引用:https://help.rakuten-bank.co.jp/app/answers/detail/a_id/5828

要するに、楽天銀行の優遇金利0.1%になるのは翌月からということです。

僕もマネーブリッジを設定したのに、「金利が0.1%になってない!!いつからなるんだ?」とあせって色々調べちゃいました。

「まだ金利が0.1%になってない!!どうして??」という人は、翌月からになるのであせらずにもう少し待ってみて下さい。

金利0.1%の楽天銀行の活用術

僕の楽天銀行の位置づけとしては、金利が0.1%になっているのでお金を預ける場所としてが一番の利用方法です。

なぜなら、ほかの銀行の口座も持っているが、金利が悪すぎて預けていてもほぼ無利息みたいなものなので…
一応、コンビニのATMの使用回数や駅前の銀行で下ろせたりと、ほかの銀行のメリットもあるので必要最低限の預金は入れています。

ただ、お金を預けて利息をもらうという点では、楽天銀行が金利0.1%でずば抜けていいので。
さらに、一般的な普通預金と同じように最大1,000万円までは元本保証となっているので安心して使えますね。

どうせみんなどこかに預けているお金なんだから、安心してお金にお金を生んでもらえるところに預けましょう!!

公式サイト⇒楽天銀行

\ 高金利でお金を増やしていきましょう! /
無料口座開設